ブルーボトルとは、名前の通り青いガラス瓶のことです。TOKYO BOTTLE DESIGNのブルーボトルは、「人も環境も癒す水」をコンセプトに、水の持つ特性を最大限に活かしながら、地球環境の改善にも貢献することを目的として開発されました。

ブルーソーラーウォーターとは

ブルーソーラーウォーターとは、水を入れたブルーボトルを太陽にかざすことで作られる浄水のことです。

青いガラス瓶を通して太陽の光が注がれることで、水がまろやかになり、心身の癒しの効果があると言われています。

ハワイの伝統儀式であるホ・オポノポノでも、ブルーソーラーウォーターが活用されています。なお、月の光でも同様の水(ムーンウォーター)を作ることができます。

ブルーソーラーウォーターの活用方法

【活用例】
毎日の飲料水、植物の水やり、ペットの飲み水、洗顔や化粧水、ホ・オポノポノ、ヨガの水分補給

ブルーソーラーウォーターは飲み水以外にも、いろいろな使い方ができます。飲み水として使用される場合は、冷蔵庫保管で3~4日程度が美味しくいただける目安となります。日数が経過した水は、洗顔やお風呂、植物など、様々な用途にご活用ください。

商品仕様

ブルーボトルお取り扱い上の注意事項

ブルーボトルはガラス製品となっておりますので、お取り扱いには十分ご注意いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

  • 初めて使うときは、中身をよく洗浄してお使いください。なお、お水以外のものを入れてお使いいただくことも可能です。
  • 定期的にボトルブラシなどを使用してボトルの中をきれいにしてお使いください。その際、グレープシードオイルやお酢などで洗浄されると効果的です。
  • キャップぎりぎりまで満タン状態でフタをすると、空気がない密閉状態になります。その状態では、ボトル内が強く圧迫され、少しの衝撃で底が抜け落ち、破損する危険性がございます。ボトルの中に飲料水などを入れるときは、満タンにせず必ずボトル内に空間がある状態でお使いください。
キャップの開け閉め

【キャップを開けるとき】
親指と人差し指で、左右の①(円形)部分を挟み、②の方向へ引っ張るとキャップが外れます。

【キャップを閉めるとき】
キャップを瓶の口へ置き、親指で③部分を下に押し下げるとキャップが固定され栓が閉まります。

※使い始めはキャップが硬く固定されている場合があるため、開ける際はある程度の力が必要です。
※キャップは取り外して洗うことができます。